【初心者の方は必見!】海外FXでの取引の始め方とポイント

FX

新しい投資方法として、さまざまな話題となっている海外FXを実際にしてみるのには、何から始めればよいのでしょうか。始め方と初心者が陥りがちなパターン、知っておきたいコツについてチェックしてみましょう。

FXの基本と海外FXとは?

FXは、Foreign Exchangeを略した言葉で、日本語に訳すと外国為替証拠金となります。2つの異なる通貨を売り買いすることです。その差額によって利益を得るという投資の方法です。海外FXとは海外に拠点を置いているFXを扱っている会社に口座を開設して、FXを行うことを指します。海外のFX会社の日本法人は、国内FXとなります。

海外FXの大きな特徴として、レバレッジの高さが挙げられます。レバレッジは手持ちの資金よりも高い倍率で運用ができる仕組みのことです。国内のFX会社では、金融庁の証拠金規制という規制があり、レバレッジは最大25倍と決められています。海外のFX会社は日本の会社ではありませんので規制がなく、100倍、1000倍といった高いレバレッジで運用が可能です。会社によっては、さらに高いレバレッジが可能なケースもあります。小さい証拠金で、大きな金額を取引できるという魅力があります。

海外FXならではのメリット

海外のFX口座では、ゼロカットシステムという仕組みがあります。FXでは、証拠金が不足する場合、会社側が強制的に決済を行う、強制ロスカットがあります。急激に為替が変わった等でロスカットが間に合わず証拠金が足りなくなった場合には、FX会社に追証と呼ばれる不足金を支払う必要が生じます。FXでマイナスになったという体験談は、大きな損失となりこの追証が発生して支払えなくなった場合が多いのです。海外のFX会社の場合は、追証がなく、不足分はFX会社が負担をする仕組みの、ゼロカットシステムとなっています。つまり、取引において損失が発生したとしても、口座にある残高のみに抑えることができます。

始め方の注意ポイント

初心者の始め方として、抑えておくことは、適切な場面できちんと損切りをすることがとても大切です。損切りがきちんとできれば、予想外の大きなマイナスを防ぐことができます。1回あたりどのくらいの損失までなら良いか、あらかじめ決めておきましょう。また、初心者はスプレッドによる負担が大きく、損失を出してしまいがちです。スプレッドとは、通貨を売るときの値(Bid)と買うときの値(Ask)の差を指す用語で、実質的な取引手数料にあたります。スプレッドはFX会社や、売り買いする通貨によって異なります。扱われている量の多い通貨ほどスプレッドが小さい傾向にあります。

取引をする度にスプレッドは発生します。そのため、何度も取引をすると、その分スプレッドの費用もたくさんかかるのです。初心者のうちは、スプレッドの狭いFX会社を選び、取引量が多い通貨を選ぶことから始めることが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました